まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

みほとけは頬に指当て春待てり

甘草の芽なるやそこにまた芽なり

DSCN0287

ばらばらに飛びて分かれし山雀
青鷺のすね打つ風のひたそよぎ
甘草の芽なるやそこにまた芽なり
石楠花の紅きところを残し枯れ
夏山や雲の垂れし庭の椅子


水たまり空を揺らして揚羽蝶

33020363_1774889705924402_3949206112091242496_n

古代樹のフィトン清めし新樹光

deae724d0105614d0b2afa49c2a10c0d

黒きハンケチ振る様に揚羽来る

森切れて真つ青の空揚羽蝶
暫し憩ふ花の蔭にて揚羽蝶
水たまり空を揺らして揚羽蝶
針葉樹の杣道たどる黒揚羽

今日は久しぶりに六甲山森林公園にノルディックウォーキング。
筋力の衰えを思い知らされる歩行だった。痩せたらウォーキングが楽になるどころか太っていた頃の方がガンガンと歩いていけたのに。

今日は、たくさんの揚羽蝶、そして、夏を思わせる青空が印象深かった。

33127478_1774889865924386_5581808273192910848_n

32946175_1774889765924396_2659398880159858688_n

 石楠花も名残となりて集う虫
 紫陽花も咲き初めなるや谷深き






ダリの青

img_0

夏空や千切れし脚にダリの青

幼いときにこの絵をみて幾度うなされたか。寝苦しい夏の世に限って、この絵がそのまま画面一杯表示される僕の夢。そこから眼を背けることなどは、許されはしない。
ギャラリー
  • 甘草の芽なるやそこにまた芽なり
  • 水たまり空を揺らして揚羽蝶
  • 水たまり空を揺らして揚羽蝶
  • 水たまり空を揺らして揚羽蝶
  • 水たまり空を揺らして揚羽蝶
  • ダリの青
  • なんぼ考へても同じ冷や奴
  • なんぼ考へても同じ冷や奴
  • 春深し
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ