まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

みほとけは頬に指当て春待てり

巻物をするり解きて律の風

今、佛教大学のスクーリングで京都のホテルに滞在中。
最後の3科目の履修と、論文の口頭試問の準備。論文を書き上げてから相当時間が経っているので感を取り戻すために論文を読み返してみなければなりません。
20663818_1491528190927223_1340280354098816441_n
20664149_1491528250927217_8078787359698280335_n
20728220_1491528467593862_426144770985555686_n

午後からは、論文で取り上げた増円編『山水並野形図』の巻物を大学の貴重図書から出していただいて、閲覧しました。仁和寺心蓮院の蔵書印が押されており、仁和寺には、造園の石立僧(真言系作庭秘伝)を伝えていたことを裏付けている。

洛中にとても閑かな草の市
貴船より秋雨の雲流れきて
北山の秋桜担ぎ女の売り来
雨戸開け地蔵盆めく町の中
市バス乗り上がる下がるの京残暑
巻物をするり解きて律の風

明日の目覚めなどあるまい虫の声

images


草の戸の破れたる壁に竈馬

大げさな表現ではなくて、壁に実際に穴が開いていて、それを放置しているんだ。見えないように生け垣で隠しているだけ。全部の壁をやり変えると100万円かかるので放置です。ようやくローンが払い終わっただけでもありがたいと思わなくては。

明日の目覚めなどあるまい虫の声

結局、父親が弱ったらようやく手に入れたこの家も手放す羽目になり、自分の様な人間がこの世で生きているような場所は存在しないのだろう。佛教大学の通信教育も自分の様な分際の人間には、贅沢すぎたんだ。大学も終わったら、もう、父親も2~3年で死ぬだろうから、その後は、真っ逆さま。但し、困ったことには、父親の方が僕より元気だから、僕が先に死ねるかもしれないなあ。何時、心臓発作が起きて終わりになるかもしれない。

お浄土に母のゐますや精霊馬

8月4日からいよいよ佛教大学夏季スクーリングが開始となり、京都に宿泊し、大学へ通う時期となった。
20638474_1486239111456131_5184469517410639807_n

まず、第1弾は、8月4日からで、京都の歴史3ということで京都の近代史なので、特に京都の花街や公娼制度等の歴史を学ぶ。島原、祗園、五条楽園、七条等と娼妓廃止例、売春防止法などの歴史。都市の近代化においてそういった性欲処理施設というものの果たした役割は大きい。特に京都の場合は、西陣等の職人の街で、男性単身者が多く比べて女性がかなり少ない。西陣の労働者の多くは零細なので、所得もあまり多くない。祗園が近代以降は、茶屋が組織化されて、近代都市観光機能の一翼を担っているのに対してそれ以外の遊里は、近代の歴史の影の部分を担っていく。授業では、祗園と七条に訪れた客の数、1日の花代、玉代等を比較して所得階層と花街の関係をさぐっていきました。
佛教大学には寄付金をかなりの額を支払ったがおかげさまで立派な礼拝堂が完成しました。
20525665_1486008318145877_4918706310849367393_n
20597537_1486009958145713_1557805045168185785_n


遺伝子の嘆きは永久に原爆忌
お地蔵に白粉塗りて盆仕度
27133909_imasia_5154639_M


お浄土に母のゐますや精霊馬
夕立晴遠山の木々光りけり
夏季講座一日終えて大西日




ギャラリー
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 六斎会終はりて一人ゑんま堂
  • 巻物をするり解きて律の風
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ