まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

DSCN0857

茶もうまし心づくしの菊かほる
紅菊の枯るるを惜しみ庭のすみ
水仙や枯れたる後も立ちてをり
障子越し山のからすの声聞きて
寝過ごして雨戸開ければ時雨かな

朝凍みてまぶたとまぶた離れずや
冬ざれてすずめの子等も懐きをり
短日のカンパネルラも終わりけり
けふの朝とおくの焚き火香り来る
立冬や老いの滲み入るけはひして

朝顔の終いの花はちひさくて
桜葉はランボルギーニの朱となり
風呂炊きてつわぶきの花眺めをり
ガラシアの泪のごとく時雨けり
乙訓の山装いたる夕景色