まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

みほとけは頬に指当て春待てり

血の声で啼く時鳥火星呼ぶ

201606022230MARS

血の声で啼く時鳥火星呼ぶ
短夜や三大惑星東雲に
露台にて立つて眺めて大火星
真紅なる惑星昇り夏の暁

昨晩は、夜半を過ぎても望遠鏡を出して月、木星、土星、火星の順番に観測をしていた。この夏は、火星が歴史的な距離まで最接近する。しかし、今の火星はまだまだ小さいと思ったが血の様な色が印象的だと思った。時鳥がその間中、声を絞るように鳴き続けていた。

甘草の芽なるやそこにまた芽なり

DSCN0287

ばらばらに飛びて分かれし山雀
青鷺のすね打つ風のひたそよぎ
甘草の芽なるやそこにまた芽なり
石楠花の紅きところを残し枯れ
夏山や雲の垂れし庭の椅子


水たまり空を揺らして揚羽蝶

33020363_1774889705924402_3949206112091242496_n

古代樹のフィトン清めし新樹光

deae724d0105614d0b2afa49c2a10c0d

黒きハンケチ振る様に揚羽来る

森切れて真つ青の空揚羽蝶
暫し憩ふ花の蔭にて揚羽蝶
水たまり空を揺らして揚羽蝶
針葉樹の杣道たどる黒揚羽

今日は久しぶりに六甲山森林公園にノルディックウォーキング。
筋力の衰えを思い知らされる歩行だった。痩せたらウォーキングが楽になるどころか太っていた頃の方がガンガンと歩いていけたのに。

今日は、たくさんの揚羽蝶、そして、夏を思わせる青空が印象深かった。

33127478_1774889865924386_5581808273192910848_n

32946175_1774889765924396_2659398880159858688_n

 石楠花も名残となりて集う虫
 紫陽花も咲き初めなるや谷深き






ギャラリー
  • 黒南風の雲の冥さに怯えけり
  • 紫陽花の日
  • 紫陽花の日
  • 休日は家でピアノ
  • 休日は家でピアノ
  • 曼荼羅を繋ぎ止めしや蜘蛛の糸
  • 山の樹を銀に染めけり芒種雨
  • 氷の節句
  • 存問のこころ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ