まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

みほとけは頬に指当て春待てり

ダリの青

img_0

夏空や千切れし脚にダリの青

幼いときにこの絵をみて幾度うなされたか。寝苦しい夏の世に限って、この絵がそのまま画面一杯表示される僕の夢。そこから眼を背けることなどは、許されはしない。

なんぼ考へても同じ冷や奴

re01


なんぼ考へても同じ冷や奴

31960122_1763066353773404_5548575834891091968_n

痩せて腕一本棒や青葉月
牡丹二本浸して充つる壺の水
明易や夢の尾絶ゆる源氏の絵
郭公や何処までゆかば人に遭はむ
こんこんと瀧の垂れし巌かな
苗代の青吹き分けし風頬に


春深し

31913062_1758150030931703_2759153056137347072_n

春深しひねもす攫ふ装飾音
行く春や熊野権現補陀洛山
南海に雲湧きいずるなり鰆舟
熊野灘沖からみゆる那智の滝

しばらくはバッハの作品を攫っていた。装飾音が極めて重要なので神経を使う。この時代の音楽は、修辞そのものなのだと思われる。

黄金週間も後半に読書三昧。

この本を読み終えた。
おそらくは折口信夫をモデルにした小説なのだろう。三島由紀夫らしい写生文、情念がふと表面化するその瞬間の機微の描かれ方は、三島らしい作品だと思う。熊野信仰と出雲信仰の関わりについて書かれているので面白いと思う。熊野に行って作ったときの句や句集などを思い出しておりました。
ギャラリー
  • 黒南風の雲の冥さに怯えけり
  • 紫陽花の日
  • 紫陽花の日
  • 休日は家でピアノ
  • 休日は家でピアノ
  • 曼荼羅を繋ぎ止めしや蜘蛛の糸
  • 山の樹を銀に染めけり芒種雨
  • 氷の節句
  • 存問のこころ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ