まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

みほとけは頬に指当て春待てり

鉄道模型のこと

鉄道模型を先日、久しぶりに走行させました。
もうジオラマを組み立てて、5年になるのだろうか。
全然進展がないまま放置しているんだ。
昭和時代の風景かなあ。
地方にいくと単線がいまだたくさん残っており、楽しませてくれます。
吟行にいくとそういった楽しみがあります。

322ccc


なつかしき鉄道模型箱庭に


20090617kuzuryu5

 梅雨晴れや九頭竜川の橋長き

この鉄橋の高く長いこと。単線だから凄く迫力があります。


しみじみと一人宿寝や梅雨の雷


弐拾九年の水無月なるや、真言の庭の秘伝書を写せしといふ越前瀧谷寺へと路糧も包まず千里の路を杖突き、足引き摺りて辿りけり。乗り合いの車に揺られて長き日も暮れ果てて福井の宿に至るなり。

血のやうに紅き夕焼や小谷城
いくさ場の跡仄暗き蛍の灯
夏深む鯖街道はトンネルで


IMG_1445

しみじみと一人宿寝や梅雨の雷

つとめては越前三国湊を目指し路行十里の道中。越前平野の植田はまさに茫々たる。先代の御代の風情残せし町並みを暫し徘徊す。

IMG_1446



木枠戸に梅雨空映す老舗かな
団扇持ち三国湊にゆかんとす
涼しさや越前訛り小袖襟
うつくしく白き肌なる藍浴衣
北国の武者馳せ参じ青時雨

三国湊に着き、ひたすらに長き坂を歩行にて山門めざす。
山門への路、深き青葉に埋もれ、老鶯の声四方に谺しけり。

IMG_1452

IMG_1455


IMG_1454

境内の明るく青葉青葉かな
老鴬もお国訛りの古刹かな
真青なる山門くぐり鐘涼し

IMG_1482



IMG_1471

鐘楼の山門を潜れば、越前古刹瀧谷寺。真言の教え堅く守りし寺内なり。
青色の袈裟の僧に案内され、本堂、薬師如来、大観世音に経捧ぐ。

IMG_1457



真言の青葉に埋もれ不動尊
撰集の仮名序写すや夏座敷
IMG_1477


作庭の秘伝伝授の技、この堂、御庭前にて修し、灌頂の境地を得たるといふ。
爾来、三百余歳を得しこと、庭の樹木の茂れる様に興を深めて座してをり。

IMG_1475

IMG_1466

中嶋ははうらいなるや時鳥
黒床に青葉映して瀧谷寺
庭石は色即是空小紫陽

母身罷りてひたぶるに閑寂を好み、山野に跡を隠したき、心の洞に些かも涼しい庭の風吹き抜けて、南無観世音とて合掌し、やがて寺門を下りけり。






鬱蒼と異人のむくろ墓涼し

20140929121237_img1

鬱蒼と異人のむくろ墓涼し
蝙蝠をよばふ笛吹く窓辺かな
亡き母の幽霊めきて梅雨月夜

半月の深夜、再度公園の異人館まで散歩、蝙蝠が夏の月みてシルエットになるような道を抜けると、外国人墓地、一面の墓標が月の青白い光にただ白々と照らされている中を進んでいくと、不思議な人影をみた。それは母親の幽霊かもしれない。
ギャラリー
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 六斎会終はりて一人ゑんま堂
  • 巻物をするり解きて律の風
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ