枝豆の産毛に付きし塩苦く
柿の木を植えたる昔痩せてをり
秋かげり四畳半から仄暗く
鳴子縄つつつと揺るる風の夜
ぽつぼつと椎の実落ちぬ古社