鹿寄せにジークフリート牧歌吹く
冬かすみほほを濡らして谷の底
買い物にゆけぬ身体や蕎麦湯飲む
冬耕も片手片手でプランター
神わたし過ぎたる朝の谷荒れて