まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2012年10月

玉案や飛蝗横たふ色褪せて
茶の花の蕾ばかりや青磁壺
秋祭り太鼓の音のこぼれけり
雪虫の舞ゐたる里や便り来る
菊の香で胸一杯にとむらひて

DSCN0828

秋草の模様も散らしモリス展
大橋はゆふくれなゐに澪の秋
四方の堀水澄みてをり明石城
ゆほびかの浦風とほし身に入むや
蛸噛みて噛みしめるほど秋深み

松手入れかほりに咽せて並木道
学園祭テントのすみに新松子
鬼灯をちうちう鳴らすくちびるや
ふしだらな茶色に靡くゑのこ草
鬼の子や稚きなき身よ糸手繰り


雨粒はきのふの秋を秘めにけり
秋雨やいまだまゐまゐ這ふてをり
鮭焼きて遠くの山河いぶしだす
稲妻や大きないびきかいて寝る
警報はところどころに宵のやみ



枝豆の産毛に付きし塩苦く
柿の木を植えたる昔痩せてをり
秋かげり四畳半から仄暗く
鳴子縄つつつと揺るる風の夜
ぽつぼつと椎の実落ちぬ古社