朝顔の終いの花はちひさくて
桜葉はランボルギーニの朱となり
風呂炊きてつわぶきの花眺めをり
ガラシアの泪のごとく時雨けり
乙訓の山装いたる夕景色