まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

2013年02月

みほとけは頬に指当て春待てり

畔焼きの煙流れて吉備野かな

畔焼きの煙流れて吉備野かな
春泥に汚れた野良着懐かしき
子を背負う母の笑顔や苗木市
菜の花の向かうは桃よ桃の丘
棚田にもひかるものあり水の春

紫野にて

image

うららかや菅笠持ちて若き子規
春光の紫野にて書画眺め
善導の忌日近づく鷹ヶ峰
叡山も目覚めたるかな琵琶の風
浅春や爽波句集の序を読みて

ほたる雪

P1020628のコピー










かそけくもしのび積もりて春の雪
ふつくらと漂うにやうに春の雪
紅梅に雪の襲の艶なるや
秘やかなラプソディーなる春の雪
北国の春の使いやほたる雪

春猫よ我が呟きに一瞥す


春猫よ我が呟きに一瞥す
枝揺れて頬白一羽隠れをり
偏頭痛夙に強まる木の芽時
菱餅の箱に載りてや豆の雛
豆雛にボール紙にて金屏風

中指のややも歪みて絵踏みかな

両の手で顔を塞ぎて春の闇
この春はB感覚も欲しくなり
天井に電球揺れて多喜二の忌
中指のややも歪みて絵踏みかな
あの山を越せばおもてや摩耶参り
ギャラリー
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 六斎会終はりて一人ゑんま堂
  • 巻物をするり解きて律の風
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ