まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

2013年03月

みほとけは頬に指当て春待てり

遠山に日の当たりたる枯野かな

kyosi







































ずっと入り続けている日本郵趣協会の機関誌「郵趣4月号」に高浜虚子の手紙の記事が。
その文章から。

遠山に日の当たりたる枯野かな

「亡くなる前年の昭和33年(1958年)、84歳の虚子は、「枯野」の句を評し、遠山の端に日の当たる静かな景色が「私の望む人世」であると述懐している。その光景は、写生でもあり、心の原風景でもある。それは、自分と自然とが一体になった、静寂枯淡の境地である。」

静寂枯淡の境地を理解するには、私は未だ初心者過ぎるので、まだまだ修行が必要だと思う。

漆黒の土濡れ光り蓮を植う

P1020866




















ゴム靴の底の減りたる三月尽
漆黒の土濡れ光り蓮を植う
春耕に飽きて眺むる山遠し
紅椿落つるにまかせ寺の庭
西行の歌碑に乗りてや紅椿

花落ちて酒呑童子は酔ひつぶれ

多田神社


















源氏の祖というべき清和源氏縁の多田神社の桜を見に行きました。
桜も椿の花も見事であった。
切り株



















参拝の行きも帰りも桜かな
花落ちて酒呑童子は酔ひつぶれ
若武者の鎧の小札に花一片
婚礼の祝詞こだます花社
切り株に椿の落ちて咲くごとし

春寒や三衣一鉢寺に入る

春寒や三衣一鉢寺に入る
られられと敬語慣れぬや新入生
敦盛の桜見に行く須磨特急
風呂落とし窓辺に夜半の朧月
花霞む鵯越えの駅舎かな

風呂落とす音も聞えて花の宿

風呂落とす音も聞えて花の宿
 (吉右衛門四谷見附新居句会)


生活感が風雅の心を一段と引き立てる。

風呂落とす音というからには、皆が風呂に入った後、晩遅くか、翌朝か判らないが、花見に赴いて、この宿に泊まったのだろう。もう床に入って風呂を落とす音を聞いたのかもしれない。

なかなか、「風呂落とす音」に気づいて、しかも花に関連する句を詠むとは粋なものである。
「花の宿」とは、吉右衛門の四谷見附新居というのだろう。

この初代中村吉右衛門は、高浜虚子に師事してホトトギスの同人となり、句集も三冊も出している。浅草には、吉右衛門の句碑がある。
吉右衛門

  












女房も同じ氏子や除夜詣  吉右衛門



ギャラリー
  • 雪の雷
  • 往生の要集
  • 雪虫と流離つてみる
  • 雪虫と流離つてみる
  • 今更に紅きポストや時雨晴れ
  • 唄えよインディアンサマー蒼い空
  • 黄落の黄に染まりけり遊行人
  • 蛍光灯十一月の不整脈
  • 父病んで柿の実みんな剪つた後
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ