まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2013年06月

img_354560_5366757_0

雨粒の窓に残れる半夏かな
紫陽花の山を目指して縋る杖
芍薬のパステル画など今めきて
留守宅に寄りかかるらむ姫女苑
亀の子の幾度も落ちて滑り石



P1020084

やどかりにあるきかたなどならいたい
つゆの雨ほつぺにあたりやつあたり
鼻血でて大きなバラが咲きました
昼寝しておめざももらえぬお墓です
時の日になまけ時計のみつかつて

小学4年の学習ノートから。
昨日みつかつたんです。

DSCN1313

術も無き暗さに耐えて梅雨籠

五月雨の音の強まる窓の外

苦瓜の蔓の伸びたる窓辺かな

五月雨の漏れたる所に触れてみて

藻の花に小さき虫の曳かれをり




himeji_016

黒きところ白きところも夏の山
漆喰の白の涼しき姫路城
風鈴の一つ増えたる通りかな
炎天に消ゆる雲から鷲の来て
明易や般若心経諳んずる