まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2013年06月

47



















童子関西句会、浜寺公園吟行句。
雨もほとんど降らず、名残の薔薇も見事なり。
潮の香もやがて植田の糧となり
松の木は駅舎に傾ぎ南風吹く
時折は風すずしうて雀鳴く
夏の蝶浜風に乗り飛んで来い
サングラスきらりと電車降りてくる
松の香を胸一杯に麦酒飲む
上品と見ゆる薔薇ほど棘繁く
薔薇落ちて土を絵の具のごとく染む
鯉の背のアサザの花を揺らしゆく
一抹の泡のはじけて目高逃ぐ
ついついと水飲みたるや夏燕
流水を追いたるように蜻蛉かな
蔓薔薇も原種となれば香り立つ


DSCN1173






























阿弥陀佛のこころに縋り露涼し

今日の厳しい観音巡礼もこれで終わり。
実に厳しい山道、雨や霧との戦いでした。

↑このページのトップヘ