まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

2013年11月

みほとけは頬に指当て春待てり

招かれず一人歩きや枯野人

DSCN2168

神域は妙光たれば冬紅葉
霊妙の銀杏落ち葉の社かな
公園で思ひ沈みむや小春空
招かれず一人歩きや枯野人
遣り水のけむりたるかな院の庭

右足のまた痛み来る冬めきて

冬めくや目の開け難き寝床にて
髭長きサンタクロスと黒ビール
ケネディ忌冷たき雨やレクイエム
右足のまた痛み来る冬めきて
風吹けば黄金の風や散る銀杏
 
1452114_563310297082355_1036429197_n

六甲山森林公園に紅葉狩

連休の最終日の4日。
六甲山森林公園に紅葉狩に出かけました。
もちろん家から徒歩で、ノルディックウォークで。
半時ばかりで到着すれば、本日は、入場無料ということ。
ラッキー!
PB040023

無料開放日なのに天気が不安定なので、人影もそれほど多くなく、閑かに紅葉が楽しめました。
マーラーの交響曲「大地の歌」の「秋の章」のような風景に出会えました。
こんな感じの森の別荘に住まうことができればと思いました。
公園には、ウサギや日本カモシカも飼育されています。

PB040004

はやばやと冬支度なる白兎かな

PB040010
PB040016

訣別を決めたる朝や紅葉狩
山茶花の数多蕾みの深山かな

PB040017

黄金なる紅葉葉楓の眩しきや
静けさや鏡の池に紅葉映え

IMGP2510

紅葉の舟浮かべたき山の池
石橋を渡つた向かう櫨紅葉




何事も遺さず逝くか秋の果

988330_612764398766448_618761875_n

何事も遺さず逝くか秋の果
盆栽の紅葉惜しむる小雨かな
紅葉のベンチは硬し脚伸ばす
各停の一駅ごとに秋惜しむ
静けさやこころにとどむ山紅葉



ギャラリー
  • 雪の雷
  • 往生の要集
  • 雪虫と流離つてみる
  • 雪虫と流離つてみる
  • 今更に紅きポストや時雨晴れ
  • 唄えよインディアンサマー蒼い空
  • 黄落の黄に染まりけり遊行人
  • 蛍光灯十一月の不整脈
  • 父病んで柿の実みんな剪つた後
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ