まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2014年02月

DSCN1813
DSCN1789
DSCN1809
DSCN1806

今日は、川西の実家から大阪城公園の梅林に。
2時間程度電車に揺られれば、ようやく梅林に辿り着いたら
もう春日は傾いていた。

それでも大勢の人がいて、例年より遅い梅見を楽しんでいました。
梅をみて一杯やって、そのまま日暮れとなれば、梅田に繰り出して
ビール、ワインとご馳走を久しぶりに味わって帰りました。

縦横の春耕望む駅舎かな
梅を見に各停列車乗り換えて
官兵衛の幽閉されし城長閑
春めくや鼻歌そして口笛も

唐詩選吟じてゆけば白梅林
紅梅に天守隠るる城の堀
顔寄せて梅眺むれば枝折れて
梅見終え今は閑かな日暮れかな

DSCN1783

御天守も梅にけぶれる城の庭
ひんがしの心地になれば花の兄
探梅を終えて蹌踉めく夜中人
この家に人つこひとり梅の花
ひときわに顔も紅みて梅見酒
酔い冷めて薄紅梅と青き空


1622211_603470813066303_959166567_n

全国的に大雪、当然、おうぶの里も大雪。
杜が半分雪に埋もれてしまいました。
こんなに雪が屋根に積もったことはなく、それが崩れ落ちる大きな音で
目が覚めました。


雪落つる音で目覚めし一人かな
塀の雪ばさりと落とし猫が来る
炬燵から真白の杜をながめけり
犬鳴かぬ深雪に埋もる谷の中
雪の日の小鳥にくれて米一合

1607020_603444579735593_21606256_n

南天に雪の積もりて兎の目
積もる雪漕ぎゆくごとし大試験
どたどたと雪沓重し受験生
閑けさや通行止めの雪の道




imagesEZ7PUYRZ

液晶の歳時記なぞり春立つ日
鉛筆の芯突き刺して余寒かな
大安と初午なれど下し腹
冴え返る道並みならぬ薬店
蝋梅に犬繋がれて憎きかな

酷いノロウイルスに昨晩から今まで呻吟してました。
ようやく治って来ました。
胃腸は、信じがたい程丈夫だと思ってたけれど、その先入観を覆されました。

img_1236673_54451350_0


オリオンに尻向けがぶり恵方巻
夜鳴き犬鎮めてみれば天狼星
昴落ちオリオンも落ち春節祭
双子座と親しき友も春隣
杜氏帰る日も近づきて老人星