まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

2014年03月

みほとけは頬に指当て春待てり

仏舎利のごとくつもらむ落椿

1558482_628520377228013_1016483076_n

昨日は、母親に「桜の様子をみてきて」といわれたので、近所の多田院を観桜に訪れたが、早咲の桜以外はまだ一分も咲いていなかった。椿の季節も終わり、落ち椿が美しかった。

幾たびも桜咲くかと母訊ね
水温みぬれ光りたる巌かな

1455865_628520527227998_1415659516_n
1458435_628520470561337_1099587086_n
 

啼鳥のいま飛び立てば椿落つ
仏舎利のごとくつもらむ落椿
もののふの屋敷朽ち果て落椿
静けさやただ白椿落つる音
うつくしき心遺さむ椿落つ

早咲きの桜散りたり忠魂碑
つらつらとただ雲眺む去来忌
東雲の風やや湿り三月尽 

龍天に天橋立うねりけり

DSCN1951

西国三十三観音霊場巡りももう大詰め。
今回は、28番成相寺、29番松尾寺をお参り。
成相寺は、麓に古代の丹後地域の要であった国分寺跡やあるいは、 籠神社が麓にある急峻な山を800メートルばかり昇った上にあり、空中伽藍のようで、そこから天橋立の全景を雪舟が描いた図の様に遠望することが出来る。天橋立の手前の海は、与謝の海、隔てられた向こうは阿蘇の海と呼ばれている。それを分けている天橋立は実に神秘的な存在。

橋立を東からみたのが雪舟観、南側からみたので龍天観と呼ばれており。たしかに橋のたもとからみる橋立は、海の中にうねっていてあたかも龍が天に昇るような印象を与えてくれる。


DSC02230


大江山ふみて越えれば春の波

龍天に天橋立うねりけり
はしたてや二海隔てて朧なり
海かすみ雲にも見えて浮く橋と
彼岸西背に受け画くや雪舟図

DSC02222

春潮にほそく溶け消ゆ砂州の喉

橋立や雀隠れの数多かな
砂州渡るよすがとなれば松露掻
廻る橋春のうしおを招き入れ

落椿与謝の夕日を惜しみけり

DSCN1947


春日や文殊の輪影踏み巡る
大仰に喘ぐようなる眼張かな
壺焼の腸をかじればじやりじやりと
巡礼も浅蜊の飯の昼餉かな
神仏の交じり給ふや花の寺

DSCN1954

残雪を踏みて滑りし松尾寺
馬観音秘仏なるてふ花芽立つ
春泥にまみえて売りし露天かな
幾段も棚田を下りて春の水
納経帳表紙も擦れて春彼岸





春日をサランラツプに包みたき

DSCN1922

羅麺の伸びて此世は長閑かな
春日をサランラツプに包みたき
雲呑やこころの隅も暖かき
花終わりまたも花芽を伸ばしくる
笈摺も朱に染まる着て花遍路


山之辺や菜の花明かりの家之刀自

菜の花月夜


大三輪や菜之花月夜の事問はむ
振り向かばまず菜の花と石上
菜の花の黄色伸びゆく上ツ道
山之辺や菜の花明かりの家之刀自
佐保姫のたもとに隠る石仏

黒猫は背伸びしてみるアマリリス


童子評論賞に入賞したご褒美にいただいたアマリリス。
桃子先生は遅いところでは2月中に咲くとかおっしゃられていたのが、なんと、3月も半ばを過ぎてようやく咲き出しました。DSCN1903


3つ目の蕾ともう一つの花芽が起ち上がってきました。

モナリザやもう早咲きのアマリリス
古座敷馴染めるほどに花芽立つ
谷ながむ座敷の窓辺アマリリス
黒猫は背伸びしてみるアマリリス
地震来たと気づかぬ不貞寝アマリリス
 
ギャラリー
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 六斎会終はりて一人ゑんま堂
  • 巻物をするり解きて律の風
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ