まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2014年03月

P3120099

翌日は、春の嵐になるという予報で、大阪城に探梅に出かけた。
P3120096
P3120082
P3120087

黄昏れに星のごときや名残梅
アル中の指も震えむ梅の枝
白濁の空にも映えて城の梅
見残しの梅をまた見に戻りけり
ビル街も微かに梅の香りかな

e382b7e383ade3838fe383a9140109n

若者や屁理屈言うな百千鳥
まんさくや青き扉を恥じらひて
土臭き息に吹かれていぬふぐり
老人の乳房と知らず春の蠅
人死して猫の子生まる隣かな

photo_5
アイゼンの爪まで滑る氷かな
山小屋の屋根も隠れて深雪かな
雪堀りてそこを寝床となしにけり
 p1110032
寝袋の横をひたひた狐ゆく
声出せば雪崩来るぞと怯えけり
(童子3月号花童子)

1976949_617889984957719_57621615_n

蠅生えて維持会費等払ひけり
地球儀が春のお風呂で膨らんで 
春宵やカレーライスの店捜し
鶏舎には春の入雛始まりて
雛の餌売りに赴き雲雀鳴く
螢烏賊いとけなきほど身も腕も
ぽつくりと西石垣通り春灯
春暁やマウスピースを鳴らしゆく


DSCN0700

ガラガラと物を崩して通ひ猫
コンビニの軒下借るや猫の妻
黒猫と斑の猫のさかりをり
猫好きも堪忍切れて春の猫
どこまでも猫の恋路や塀伝ひ