まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

2014年07月

みほとけは頬に指当て春待てり

鱧の骨ときに釘刺す話かな

10526186_694237523989631_3141255326316220489_n

鱧ちりや噛みつきそうな赤ら顔
酔談の佳境に入りて鱧の皮
 あめ色に汚れた店や飯酢鱧
鱧の骨ときに釘刺す話かな
鱧と蛸食べ比べたる浅ましさ

梅雨明けて雲懐かしく思いけり

20140603_957793

慎ましき昭和の家や百日紅

時折は雨粒落とし夏の雲
夏の雲大阪平野のど真ん中
梅雨明けて雲懐かしく思いけり
食虫の植物眺む冷やし飴

一匹は弱り哀しき金魚玉

w184012a

父母とまた夏期大学は中休み
曝書せば我が半生も干からびて
鉄橋の遙かな下で舟遊び
酔眼に眩きほどの夜店かな
一匹は弱り哀しき金魚玉

夕立や心ときめき肩触るる

20120618202702

どことなく線香花火の煙して
夕焼の灼け焦げ残る地蔵坂
猫の耳少しかじりて昼寝かな
灼熱に肉球庇ひ歩む猫
夕立や心ときめき肩触るる

桃の実の尻ゆんらりと高瀬川

1

桃洗ふ水滑らかにうごきけり
虫くへば桃の実やはり甘かりき
桃の実の尻ゆんらりと高瀬川
桃売の実はメロンを好いてをり
桃の木に罠のごときの野壺かな
ギャラリー
  • 雪の雷
  • 往生の要集
  • 雪虫と流離つてみる
  • 雪虫と流離つてみる
  • 今更に紅きポストや時雨晴れ
  • 唄えよインディアンサマー蒼い空
  • 黄落の黄に染まりけり遊行人
  • 蛍光灯十一月の不整脈
  • 父病んで柿の実みんな剪つた後
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ