まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

2016年03月

みほとけは頬に指当て春待てり

三月尽

12472759_1014552861958094_1339458342450618658_n


三月三十一日を三月尽という。和歌の世界では、春の終わりということもあり特別でした。散る桜が不吉であるということ、京都では、やすらひ祭等の鎮花祭が行われ、風流飾り物(魔を避ける為にいろいろな飾りものをする。)を振りかざした男達が京洛を練り歩きます。


弥生のつごもりの日花摘みより帰りける女どもをみて みつね

とどむべきものとはなしにはかなくも
     散る花ごとにたぐふ心が

亭子院歌合の春のはての歌

今日のみと春を思はぬ時だにも立つことやすき花のかげかは みつね

私の方は、佛教大学の卒業研究で、俳句もおろそかになってしまって、平安時代から室町時代までの庭づくりの「秘伝書」をひもといて、それを翻刻(写本の筆記文字を活字に直す)したり、解釈したりして、ようやく研究の目処が立って来たところです。


村方の風流(ふりう)古びて三月尽

春風はくれない色にフラミンゴ

12790999_1005295339550513_2577948870688270566_n

明日の関西句会は神戸王子動物園吟行。
あいにく、その日は、佛教大学の単位認定試験で出られず、
午後から句会のみに出席予定。それで、事前に吟行に来た。

春風はくれない色にフラミンゴ
山笑ふ五十路も過ぎて動物園
木蓮に目もくれぬのかカンガルー
麗らかや家族写真に見知らぬ子
パンダ舎も鷹鳩と化す昼下がり
集うもの分かれるものや鳥雲に

母親が要介護認定1級に。
これからが大変なんだ。

我が母も介護認定雛納め

風光るモーツアルトかな昼下がり

昨日は、久しぶりにシンフォニーホールにお出かけ。
モーツアルトのピアノコンチェルトとブルックナー交響曲第6番のマチネー。

12806163_1001048129975234_3468682842961955799_n

前栽の芽吹くばかりのホール前
春装の色どりまぶし演奏会
春景にハ調の和音響き消ゆ
風光るモーツアルトかな昼下がり
カデンツアはただ延々と春麗
彼の曲は悲恋の春やアンダンテ
納税期今は忘れしブルックナー

シンフォニーホールでは、我が国で初めてオーケストラコンサート専用ホールとして大阪福島区につくられた。私は、竣工記念コンサートにも参列したが、その後は、30年以上、足を運ばずに過ごした。昨日、久しぶりにこのホールを訪れたら、植栽も大きく育ち、公園らしくなっていて驚いた。演奏は、飯盛泰次郎指揮関西フィル。ピアノは、フランス人のアレクサンドルタロー。瑞々しい感性に溢れたピアニストで、通俗駄曲と化しがちなモーツアルトのピアノ協奏曲第21番を今、生まれた曲の様に弾ききった。特にカデンツアは自作の見事なもので、古典派の様式を踏まえた上で気品と独創性を発揮していた。関西フィルの演奏も飯盛氏の薫陶の成果で、管弦共に極めて精緻な表現が出来るようになり、十分に楽しませてくれた。ブルックナーの交響曲第6番は滅多に聴かれる曲ではないが、冗長になりがちなこの曲をキリリとモチィーフを引き締めて、まさに春麗の大交響曲といわんばかりの名演を繰り広げた。

杣取りの道を下りて一華草 

10414394_1022314484478102_8060255895399110892_n
 
 杣取りの道を下りて一華草 

ようやく高原では草木が息を吹き返しました。
長い冬の終わりですね。

華やぎを求めて閑か桃の月

DSCN7231

  花生くる無骨な指やひな祭り
  華やぎを求めて閑か桃の月

  
 
  

 
ギャラリー
  • あんパンのこと、鰯雲のこと、母のこと、
  • あんパンのこと、鰯雲のこと、母のこと、
  • ひとりぼつちになる栗一つ
  • 肥満外来に通院して2週間で4㎏。合計5㎏以上の減量に成功
  • 肥満外来に通院して2週間で4㎏。合計5㎏以上の減量に成功
  • 諷詠の心まどかに澄みし月
  • 諷詠の心まどかに澄みし月
  • 蛇笏忌やアラビア風の奇想曲
  • 秋麗やひかり眩き学位授与
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ