まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

2016年12月

みほとけは頬に指当て春待てり

月影も名残りと消ゆる年の空

私の俳句生活を応援してくれていた母が12/26に永眠しました。
享年83歳。
賀状を所属結社の方に送っていますが、投函した後に母が亡くなったのでご無礼をおゆるしください。

戒名は冬月慈照大姉
本名は冬美。1/3生まれ、誕生日を目前に身罷りました。

月影も名残りと消ゆる年の空


拳玉もでんでん太鼓もお正月

fd7ffd6c6a0639c4c5e59d9455162503

拳玉もでんでん太鼓もお正月
拳玉をけんけんぽんぽん年の市

もうすぐお正月
今年は、母も老人ホームで介護を受けていると、実家には父が1人だけ、僕は、足が骨折して動けないので、こんなに不幸せな年末・年始は生まれて初めてですね。早いうちに足をみてもらっていたらこんな風にはならなかったので自分が悪いのです。全く、なにも収穫がない1年でした。

年の暮

IMGP2022

それぞれの個性生き抜き年の暮

今年も最後まで仕事に追われ、骨折までして何も得るものがなかったような1年だった。
それでもやりたいように生きて来られただけでも幸せだと思わなければ。
母親が介護施設に入ってからどうも運に見放されたような。
母親が見守ってくれるのは何歳になってもありがたいと思う。

針飛びて繰り返し聴く冬の旅

針飛びて繰り返し聴く冬の旅


10735_5

今朝は足の具合も少し良くなり階段を右足を使って下りてみることに成功しました。
ようやく快方に向かっているのか、レントゲンをみないと判らないですが。

諦めのことまた増えて小夜時雨


e0168232_6413194

諦めのことまた増えて小夜時雨
ギャラリー
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 六斎会終はりて一人ゑんま堂
  • 巻物をするり解きて律の風
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ