まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

2017年02月

みほとけは頬に指当て春待てり

たちなおれよ言われなお垂れ梅

16804280_1307744402638937_7006780577601137431_o

昨日は、山陽電鉄明石から各駅停車で数駅のところにある東二見にある御厨神社で梅見。
菅原道真が太宰府に流される時に逗留した場所と伝えられ、天神信仰(牛頭信仰)の地。梅の花が一面に咲いていて、関西では、大阪城公園、京都の今宮神社を除けば、ここが一番かなあ。江戸時代から続く岡本の梅林よりもこちらの方が風雅がある。
16730587_1307915172621860_1402936966559348768_n


御厨の名の由来は神宮皇后東征の折、海の幸を活かした神饌を供応したことが由来と言われている。
現在では、船乗りの神、金比羅大権現も祭られている。瀬戸内から畿内への海路交通の要所として栄えた。浪速津から難所の明石海峡を乗り越えて、ここで停泊する船が多かったのだろうか。

16700639_1307745342638843_8125652659771088655_o




京都や大阪の梅は、品種改良がされているが、ここの梅は、道真の時代そのままの原種に近い素朴な梅ばかりで、それが、古びたる社に相応しい気品を与えている。

16807222_1307747052638672_5473748447022872902_n

 亡き母や珈琲飲んで梅の花
 たちなおれよ言われなお垂れ梅
 梅の香を胸一杯に遊ぶ子等
 東風吹かば合格祈願の絵馬揺るる
 梅が香にいにしへ偲ぶ能舞台
 貴人(あてびと)袖の香りや梅の花

寒明くや四本調子の神楽笛

昨日は、湊川神社の初午祭の神事を吟行しました。
午後からは、久しぶりに童子関西句会(兵庫県民会館)に参加しました。
 
image

   寒明くや四本調子の神楽笛
   東風吹くや湯立て神事の湯気流れ
   大宮司マイク握りて初午祭
   初午にサンバダンサー拝礼す
   神餞をたてまつる楽また長閑

喪ひて喪にも馴れ果て寒明くる

risshun_01

 喪ひて喪にも馴れ果て寒明くる

節分、立春と季節は過ぎていきますが、未だ、母親の四十九日は明けず、つらいことです。
ギャラリー
  • あんパンのこと、鰯雲のこと、母のこと、
  • あんパンのこと、鰯雲のこと、母のこと、
  • ひとりぼつちになる栗一つ
  • 肥満外来に通院して2週間で4㎏。合計5㎏以上の減量に成功
  • 肥満外来に通院して2週間で4㎏。合計5㎏以上の減量に成功
  • 諷詠の心まどかに澄みし月
  • 諷詠の心まどかに澄みし月
  • 蛇笏忌やアラビア風の奇想曲
  • 秋麗やひかり眩き学位授与
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ