まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2017年06月


DSC06721

先日の関西句会6月例会、句会が終えてもまだまだ西空が明るいので驚きました。

椎の花にほふ風下選びゆく
穀象の悲しき骸米びつに
黒南風や摩耶の高峰に雲抜けて
梅雨を処す旅心てふありにけり
句座果てて暮れぬ西空夏至近し

IMGP2771

 6月の俳句結社童子の関西句会例会吟行は、神戸市の山手にある唯一の日本庭園である相楽園を吟行。この庭園は、日本庭園を元としながらも洋館も保存されており、独特の雰囲気を持ったところで、神戸の市街地の中で四季を身近に楽しめる数少ないところだと思いました。

IMGP2772
IMGP2774


重厚な門を潜ると紫陽花と石塔にまず出逢います。白い紫陽花が連衆に評判でした。

IMGP2778

IMGP2783

 大きな蘇鉄が花を咲かせていました。

IMGP2786

大きな回遊式日本庭園は、池を巡ることで様々な景色を愉しむことが出来ます。中央は、大名の御座船から船屋形の部分をこの庭園にわざわざ運ばせて置いてあり、ややも単調になりがちな風景にアクセントを添えているのが印象的でした。
IMGP2797
IMGP2788

相和して相楽園のあめんぼう
蚊を打つや大名造り舟屋形
四阿に独り愉しむ緑雨かな
洋館に棲む人をらず七変化
鯉跳ねて奥まるところ造瀧

IMG_9998-002

もつぱらに母の句詠める一夏かな
まきわらの揺るる舟灯や母浴衣

写真は、尾張津島天神祭、500年間続けられてきた典型的な川祭り。
 

91f2086250e9459c05e716304efbdffc

元中核派の人たちがどんどん連行されているらしい。
僕らの青春は闘争に明け暮れていた

流血の黒南風となれヘルメット
夏草や闘争の人さらばへて