まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

2017年10月

みほとけは頬に指当て春待てり

杖増えてまた消えてゆき秋遍路


zyukan_kiku3

贋作と知りて眺めし菊の瓶
(写真は、十四代沈寿官本物です)

caption

谷の邑沈むるほどや霧の海
22519466_1554418641304844_8310135212906363334_n

杖増えてまた消えてゆき秋遍路

あんパンのこと、鰯雲のこと、母のこと、


あんパンのコピー
201708
 母にあげた古語辞典を父親は施設の人に廃棄するように頼んでいたのを返してもらって、今日、開いてみたら、扉の裏のところに挟まっていた写真。きっと施設の人が挟んでくれたのだと思う。これは、介護施設に入った秋にかけて撮影された写真。母の生前最後の写真なんだ。

   在りし日の母笑み給ふ秋団扇



ひとりぼつちになる栗一つ

img243_DSCN0883

干からびし我が臍のをや菊の宿
菊剪りし鋏しやつきり雨上がり
露の世の空分けし雲いくばくか

今度は、父の腰痛と足の激痛。
今まで元気に自活していたら、それも、無理な様子。
これから先が思いやられる。
身寄りがないので、私だけを頼りにされても困る。

ひとりぼつちになる栗一つ

肥満外来に通院して2週間で4㎏。合計5㎏以上の減量に成功

22366362_1546189005461141_4314434056052746663_n
大肥満天空高く肥ゑて死す

心臓の詰まりゆきたる秋の暮
北国に啄木の碑あり秋の空
(句友の北海道旅行になぞらえて)
白文鳥草の実に首伸ばしけり
(文鳥を飼いたいそれも無理)
手を伸ばしあら届きたる天の川
(子供が天文博物館にて手を伸ばしていた)
filename3

秋風や応挙の虎の髭撫でて
(ちょうどこの時期に応挙展があり、坪内先生と話題になったことが懐かしい)

肥満外来に通院して2週間で4㎏。合計5㎏以上の減量に成功したが、CT撮影を行ったところ、心臓の冠動脈に病変が発見された。心電図異常もこの為とみられる。更に冠動脈造影CT検査が必要に。放置すれば95%の確率であの世行き。

母親が慢性心筋梗塞を煩って、同じ様な肥満体で寿命よりも遥かに短くこの世を去ったので、その事も医師に話したら遺伝も関係あるという。やむを得まい。


諷詠の心まどかに澄みし月

DSC02722のコピー

丘越えて芋名月の照り亘り
諷詠の心まどかに澄みし月
兎寝てわらんべ跳ねる月見かな
母こねし月見団子の美味かりき
名月や絵本の草子もう閉じて

329240681c084e63097726f812452cba

慈照寺に月は銀箔貼りてゆく


ギャラリー
  • 露の宿に成り果てしかな御十念
  • 大旭日旗
  • かぐらかぐら大蛇神話の秋の声
  • かぐらかぐら大蛇神話の秋の声
  • 五点のハ
  • 仏足石哥
  • 野分前
  • ぱらりぱらり露玉と散る母の庭
  • たおれ伏す鉢より零る萩の白
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ