まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

2017年12月

みほとけは頬に指当て春待てり

年の火の焼き餅地蔵なりしとぞ

a0068035_073912

迦楼羅火の舐めし諸尊煤払
生田社の参道清ら春支度
煤逃げの必要も無く空屋かな
歳末の雪深々と傘地蔵
年の火の焼き餅地蔵なりしとぞ

今年ほど迎春の気持ちが削がれた年はなかった。
母親が昨年末に急逝し、その後の父親が倒れ、闘病、通院、介護、最後は、施設にて正月を迎える羽目となった。施設に入所するまでの段取りに本当に疲れ果ててしまいました。
哀しい年も終わろうとしているが、来年もまたきっとつらい年になってしまうでしょう。

いそいそと天神さまへ仕舞市


b6e60939-5e4a-4ca3-ab23-616b6bfdeb1a

いそいそと天神さまへ仕舞市
金箔の色絵茶碗や仕舞ひ売り
菜の花も既に咲きたる春星忌
二日酔い満員電車やクリスマス
聖夜明け温泉帰りや男女連れ

昨日は電車で酔いつぶれて帰宅にタクシーで数千円かかりました。

寒堯のひかりはまさに回帰かな

DSCN0823

寒堯のひかりはまさに回帰かな
波瀾万丈となりゆく日記買ふ
吹かれ来し風花めきて消ゆるもの
セコイアの大樹は淋し冬枯れて
赤と白まとひて老いてクリスマス

父親は退院して数日で救急車で搬送される日々が三度も続き、そのような異常な日常に心身共に痛めつけられて、ようやく川西鶴の荘の介護ホームに入所となり、落ち着いた日々が戻って来た。寂しさが病の原因だったの集団生活をむしろ歓んでいる父親をみってホッとした。
ギャラリー
  • 椀
  • 時雨
  • 山枯れて深山の小径険しかり
  • 山枯れて深山の小径険しかり
  • 山枯れて深山の小径険しかり
  • 山枯れて深山の小径険しかり
  • ローゲ
  • 悪者と言われて月の闇に消ゑ
  • 霜降
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ