まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2018年02月

28055689_1673977302682310_5618578883614416330_n (1)


懐かしきひいな遊びと母の声
一の具のみゆる雛壇ただ見事

小さき御台、御皿ども、御箸の台、州浜なども―の具と見ゆ(紫式部日記)

コピー-~-P1010258

だぼだぼのつつっぽ履きて雛の客

父親の介護ホームに雛飾りが、つつっぽはズボンのこと、痩せすぎて履けるズボンがなくなり、この有様です。

PICT0033

mig

意に沿はぬ世なむ捨てたき忘れ角

14549362509321


草木の零落歎き春庭譜

日月忽其不淹兮 
春與秋其代序  
惟草木之零落兮  
恐美人之遲暮

棲む人もなく荒れ果てた春の庭にようやく梅の花が咲き始めた。
手入れされていない梅の木、今年は、梅花数輪のみとなった。