まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2018年07月

heike_kubi

夕涼み平家絵巻をみてをりし
養殖のかんぱち死すと大雨で
わくら葉や窓辺の影の古ピアノ
脱水機回りし音や端居して

caption


蟻地獄勝尾寺の庭地割れして

源氏物語絵巻は国宝にあるし、源氏絵も近世以降土佐派が多く描いているが、平家物語絵巻は、岡山の林原美術館に所蔵されている1巻のみです。岡山や倉敷の美術館の状況が心配ですね。被害がなければよいのですが。

038f49fefb8d17c365e5cd0aef9bf455

修羅道に堕ちて哀しやいぼむしり
修羅心に削られし身や夏痩せて

仏教に説かれる六道(ろくどう)のうち阿修羅(あしゅら)の住む世界を修羅道(しゅらどう)といい、猜疑(さいぎ)、嫉妬(しっと)、執着心によって醜い争いを続ける人間の姿を揶揄(やゆ)している。観山27歳にして古絵巻の学習成果を集約させた、完成度の高い近代絵巻といえよう。

mokuren02

風炎や目連救母観世音

関東ではお盆と言うことです。お盆になれば、亡き母に巡り会うことが出来るのでこれからは楽しみだが、目連救母の伝説など佛教大学にて教えを受けた身にすれば、その教えを日々の行い功徳の中で実践せねばなるまいということで責任感ずしりという感じですね。

a0285326_1643283

朱夏の午後美談の映画みてをりき


最近は、写真句集を出される方が増えて来ている。自分で撮影した写真に自詠句をコラボさせてそのイメージの広がりをもたせるのが目的なのでしょう。私も通常の句集は出していないが西国三十三箇所巡礼の写真を句をコラボした写真句集を私家集として制作して、一部を句友に配布したことがある。

この写真句集を更に発展させたのが映像句集である。現在、映像句集の出版事例は限定されているが、ッユーキャン等で制作販売されている映像歳時記等はこの部類に入るだろう。季語の説明及び作例等を具体的な映像イメージと共に紹介されている。非常に判りやすく興味を持ちやすい。季題・季語の本意を普遍的に捉えることが出来るメリットがある。一方で、映像による具体化でむしろそのイメージの広がりを限定しています可能性もある。

映像句集として個人が制作して楽しむケースもある。ビデオ編集ソフトを使い、写真撮影したものを画面に貼り付けて、その写真に見合った自詠句をコラボしていくやり方。音楽もそのイメージに合ったものを自作自演するなどすれば、当に総合芸術としての作品を造り上げることが出来る。

その例として試作したのが、「紫陽花の想い出」である。取りあげている句は近所の森林植物園での紫陽花を撮影してものに自詠句を組み合わせて、場面毎にコラボさせている。背後に流れる音楽は、ドビュッシーのアラベスク1番の終わりの部分だが、これも私がピアノを弾いて録音をしたものを組み合わせている。俳句の知識がない父親にみてもらったが、案外に好評であった。YOUTBEにアップしてあるので興味がある人はみて欲しい。