まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2018年08月

ダウンロード

月の夜に宇宙遊泳してゐるよ

この8月は天気が荒れ放題でまともに火星の写真が撮れませんでした。これが一番ましな写真だろうかなあ。
vix200201808262000mars001a

 パーシバル・ローエルの火星スケッチみたいな写真がとれました。

 八月尽まつ赤な火星もう欠けて

m62947713714_1

日焼けして兵馬俑なる顔となり

昔、作った句。僕らが少年時代は、日焼けに関しては健康的かつ肯定的なイメージだが、最近では小学生でも日焼け止めクリームを塗るらしい。オゾン層が大気汚染で破壊され、発癌の原因となる紫外線の量が20年前の30倍に増えているらしい。これは、殆ど大気による防御機能がなく、火星とか他の天体と同じ位であると言う。そういえば、気象予報でも熱中症と紫外線警報が頻繁に出されるようになった。嫌な時代である。

miyabe02as

とんぼうや特攻隊機赤茶けて

2F-1_20170117

遊行忌や野分に荒れし淡河川

淡河川が流れる神戸市北区一帯。ここから下に降りると兵庫区に入り、そこには、遊行上人終焉の地がある。

6a0134861d5550970c01a511c948cf970c-320wi

 颱風圏一遍聖の御像揺れ


kyoshi (1)

小鳥来る日虚子縁側で笑み湛ふ

標高が400メートルあるので、もう秋がかなり下界比べて早く来ている。
特に気づかされるのは小鳥たちがやって来て、毎朝、楽しそうに鳴いていることかなあ。
勿論、我が家に虚子先生がをられる筈もないが、何か俳句をやっていると常に側で微笑んでおられるような気がします。