まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2019年10月

73342821_2585314318215266_1057190570524409856_n



















見る影も亡き人想ふ夕月夜

今日は母の月命日。もう少しで母のところに逝ってしまうところだった。
来週、術後の検査がある。順調だと思うがもの忘れが酷くなった。

suf7j942h84i94i9421g84i9ka52100

 





















水澄めり水面に映る弥陀の顔

 シルクロードの絵画にみられる炎肩仏は、肩から炎の様な三角形の突起が生じて描かれた仏達である。しかし、この突起がなんであるかについては、あきらかではない。果たして本当に炎なのかという点である。仏の持つ生命力・威力の象徴して炎が肩から立ち上がっている様に描かれているとの解釈で、仏の生命力にも通じるものであるとされている。この様なコンセプトは、平等院の阿弥陀如来像にも活かされていると言われている。それは、光背の蓮華から放射する光があたかも肩から伸び上がっている様に見える点であると言われた。(佛教大学 安藤佳香先生)阿弥陀如来は、「光の仏」であるが、この光は、果たして、炎なんだろうか。阿弥陀の光が蓮華の生命力が結晶して放散された光と認識することは辛うじて出来ても、炎肩仏の「炎」と同様に捉えることができるのだろうか。仏教芸術の中での炎の描写については、最近の展覧でも話題になっている青不動の背後に燃える「カルラ火」が代表的なものであり、このカルラ火と北野天神絵巻に描かれた六道めぐりの地獄の業火との描写技法の類似性について指摘されているが、「罪を焼き尽くす炎」としての捉え方であり、「仏の生命力」、「阿弥陀の救済の光」とは、別物ではないだろうか。信仰心を包み込む光と邪心を焼き尽くす炎。この違いを考えてみることが浄土教美術なんだと思います。そこに往生要集の思想が表現されている。弥陀の光背の光の閑かさはさながら棲んだ秋の水の様な気持ちにならせてくれる。

73125650_2551761418237223_6837865669292195840_n

 













  脳萎えて変わらぬものは月の影

 手術後二週間になるが、今頃になって足にしびれが出てきてまだまだ油断できない感じ。
 記憶も六割程度まで減ってしまった。それでも在宅で仕事は続けています。今月末にもう一度、CTを撮影して再発していなければ、ようやく安心出来るという。写真は、久しぶりに撮影した月面。口径四〇ミリの小型屈折望遠鏡で撮影。赤道儀で1分程度露出した動画から1000コマを抽出して重ねている。四〇ミリは思えないほど細かい模様まで撮影できる。

71651956_2534557203290978_4720388934859751424_n

父はまた肋に罅や鎌始め
落日を惜しむ刹那や稲を刈り
この棚田山田錦なむ刈り終ゑて
同じやうに足萎ゑてをりいぼむしり
紅芙蓉かたぶく先に川の風


私が倒れていた時、父親も転倒して肋骨に罅をこしらえていた。おかしな共通点があるものだ。写真は救出される時の様子。退院後1週間で歩行が可能になり、父親の施設を訪問。以前より歩行に時間がかかる様になったが、回復がかなり速い感じです。

sr-afla-mazda

秋暁やアフラマズダの肌の色


左脳に侵出した血腫を吸い出す為に頭蓋に穴をドリルで開けた。なんと局部麻酔なので全ての音が聞こえる。頭蓋に穴を開ける音は意外にも閑かだが、血腫をかきだす時のあの感じは酷いもの。鈍痛のような響きがする。しかし、手術が進行するにつれて全く麻痺していた左半身に再びスイッチが入り始めるのが解った。


九月十三日頃から症状が悪化し十四日には仕事の記事も書けなくなり、十六日に会社に仕事が無理であることを告げながら、食事や日常生活をしていたら、始終こけるようになり、窓ガラスを割り、吐き、それを掃除していたが、二十一日になって風呂場に入り身体を洗おうとしたところで動けなくなった。幸いにお湯が出しっぱなしで数時間。偶然に大津から会社の社長が神戸の家まで心配してきてくれて警察に通報して家に救急隊が入ってみると反吐だらけの家の風呂場の中で半身不随の私が発見された。後、半時間遅かったら命はなかった。

入院後、手術ですぐに回復して1週間の入院後退院。まだ、右手及び右足に軽い麻痺が残るが外からみたらややぎこちない程度であり、注意してみなければおかしな点には気づかないだろう。弟も同じ病気になっている。ときどき涎が口から出てくるのが恥ずかしい。

↑このページのトップヘ