まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2020年09月

木犀の香りの中で我死なん

硬膜下血腫の再発でコロナの中で昨日まで入院していた。頭蓋の以前の手術痕に穴を開けて血腫を取り出して一週間。疲れました。また、麻痺が酷くなって、右足が動かしづらい。リハビリによってどこまで回復できるか。病気との闘いだ。病院から出たら木犀の香りが新鮮。


large

照らすもの全て嬉しき月夜かな

六十歳になってようやくピアノソナタ月光やショパンのマヅルカ、ノクターン、シューマンの子供の情景、ラヴェルの亡き王女の為のパヴァーヌ等の原曲が弾けるようになった。取り分け素晴らしいのがやはり月光ソナタで第一楽章はソナチネのレベルでも弾けるのでなんども弾いて楽しんでいる。


291

朝顔の蔓延びて来て変化物

江戸朝顔(和種)は、西洋朝顔に比べて実に頼りないし、株も弱いので育てるのに苦労しますが、開花したら毎日が楽しみです。西洋朝顔は遺伝子が固定されているが、和種の朝顔は固定されていないので変異がみられ、毎日の花が異なっているので毎朝みるのが楽しみになります。


d719d1c0964d54a861fb7e12466d967d_s

丹波路に山国ありて星月夜

丹波には平安京造営に際して木材の供給地となった。山国御陵があった。中世以降も栄えて、戦国時代には禁裏領となる。京北地域の深い自然が楽しめる地。

images


一枚の星図隠してうろこ雲
火星見て海野十三の大銀河

ようやく晴れて巨大な望遠鏡をベランダに出して、火星を観測出来るようになった。来月にかけて中接近の火星を眺めるのが楽しみ。これは僕が撮影した火星です。
00_09_35のコピー



↑このページのトップヘ