まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

2021年01月

650x_13353420


雪崩れみほとけの顔そばにあり 

最近は仏像の夢をよくみる。鎌倉の仏師が木に埋もれた私の身体を彫刻刀で彫りだしてくれている夢。私は、夢の中では幾世紀も転生輪廻を繰り返した仏の存在になっている。いろいろな世に生まれていろいろな時代の仏師が私をいろいろな方法が掘り出してくれる。そうやってそれぞれの世に化生し、人々の願いを吸い上げて再び新しい世界に旅立っていく夢である。

103px-Togo_Heihachiro_(commemorative_postage_stamp)

玄関に光の気配冬惜しむ
軍国の元帥生まれ日脚延ぶ

今日は東郷元帥のお誕生日。この方がいらっしゃらなかったら今頃、日本はなくて列強の領土に成り果てていたでしょう。今、未曾有の国難が我が国を襲っているが、力を合わせて、この危機を乗り越えて五輪が無事に開催できますように願っております。

bioracer_mask_neckwear-1

マスクして我と汝でありしかな 虚子
滅菌のマスク厚きや我は我 強

今になって虚子の句が現実味を帯びて迫って来ている。変異株ウイルスはどうやらイギリスの首相によれば致死率が上昇しているそうだ。実際、この1ヶ月で関西の死者数は東京を大幅に上回ったし、日本全体の死者数は、なんと中国の死者数を上回ってしまった。日本の場合は、現在の緊急事態宣言では不十分である。ある映画をみていた。「緊急事態宣言」と言う映画だが、その映画では、「100年自粛」と言う途方ない長期間の外出自粛が強いられていた。今のウイルスは、変異株はワクチンも効かず、短期的なものでもなく、歴史を超えて人類の存在にとって危機的な状況をもたらしている。克服には数世紀、あるいは、数十世紀がかかるかもしれない。何世代にも亘ってソーシャルディスタンスを守る必要が出てきました。

当麻曼陀羅9

戸障子のひかり宿して仏画描く
冬帽のをとこをみなは漁還り
セーターを撫でてみたるや力瘤
とつぷりと後ろ暮れ果て焚火燃ゆ
虚子翁の俳話たけなわ囲炉裏端

unnamed



一椀の茶湯授かるや冬遍路
土凍てて書写山の道堅かりき
先達の教えを余所に笹子鳴く
木柱に札打つ跡や冬伽藍
銅鐘の青光りたる寒の内

↑このページのトップヘ