窓硝子曇らしてみや冬の景
冬雲の流れ揺れたる梢かな
寒禽の交わりなるや血の玉子
漱石忌前夜は殊に寒くなり
顔見せも一人足らぬや竹矢来