先日、関西句会で鶴橋を吟行したが、その際にフォクトレンダーのヴィトーⅡ型の蛇腹カメラで撮影した白黒フィルムが仕上がってきた。

このカメラは、距離あわせも目測、当然、露出、絞りの調整も手動。
撮影は、さすがに難しいが、白黒の面白さがある。

DSCN0879
鶴橋その1


路地裏にひっそりと教会。

寒晴れて礼拝服の神父かな

鶴橋その2

ガード下の書店はいかにも寒そうだった。

立ち読みの指も悴けてガード下


アーケード街もこんな風に閑散としていた。
鶴橋その3
鶴橋その4

この辺りは鮮魚関係


棒鱈の腹の値札を覗き込み

鶴橋その5