繭玉に眉おぼおぼと男雛とて
春日野に若菜摘みてし翁かな
節分の豆詰めたるや巫女の指
冬菫忘れた場所に秘めて咲き
猫の恋いつもの矢来越えて来て