天狼の咆吼なるや山の風
寒月に影を踏みたる足重し
春待たず逝く人もあり枕経
山眠る扉重きや通夜の家
絵屏風の仙人笑ふ部屋の隅