春寒やふたたび逢えぬひとの顔
春暁や雨をうたがふ耳の底
曾根崎の裏のほそみち春の宵
ひとつ家の灯の漏れてゐる雪消かな
あけぼのの白き雨ふる木の芽かな