image

うららかや菅笠持ちて若き子規
春光の紫野にて書画眺め
善導の忌日近づく鷹ヶ峰
叡山も目覚めたるかな琵琶の風
浅春や爽波句集の序を読みて