畔焼きの煙流れて吉備野かな
春泥に汚れた野良着懐かしき
子を背負う母の笑顔や苗木市
菜の花の向かうは桃よ桃の丘
棚田にもひかるものあり水の春