仏生会
































佇みて入り日の中に仏生会
磨りガラス若葉映して朝湯かな
桜しべ数降るほどの未練かな
くるるると新玉葱の輪切りかな
木々の芽や破れた罅壁隠しつつ