thumb5

炎天の空美しく暮れにけり
山荘の傾く側で涼みゐる
鐸鳴りて風の便りや夏座敷
この頃は手に馴染みたる如雨露かな
山風に頬撫でられて三尺寝