俳句、文藝の研究の為にこの10月より、佛教大学に再入学した。

籍をおけば図書館の利用など、便宜が受けられるので、学部は、歴史学部、京都学コースという主に京都の史跡、遺跡、文物を研究対象にする学問分野。実際に何を研究対象にするかは決めていない。
童歌などが面白かろうと思っています。

図書館の本もファックスで申し込めば、宅配便着払いで、貴重な蔵書を送っていただくことが出来るので、非常に便利。また、レポートを書くことで文章を書く練習にもなる。しばらく論文やレポートを書いていないので、かなり筆が鈍って来ているのを感じているし。

悩みの種は、スクーリングが土日なので、句会の日と重なってしまうこと。来年1月の西日本句座始めも、スクーリングでフィールドワーク演習2に重なってしまう。授業を支払っているので、休めば、お金が無駄になってしまう。

どちらかを選ぶ二者択一には、いつも悩まされる。