DSCN1783

御天守も梅にけぶれる城の庭
ひんがしの心地になれば花の兄
探梅を終えて蹌踉めく夜中人
この家に人つこひとり梅の花
ひときわに顔も紅みて梅見酒
酔い冷めて薄紅梅と青き空