DSCN1813
DSCN1789
DSCN1809
DSCN1806

今日は、川西の実家から大阪城公園の梅林に。
2時間程度電車に揺られれば、ようやく梅林に辿り着いたら
もう春日は傾いていた。

それでも大勢の人がいて、例年より遅い梅見を楽しんでいました。
梅をみて一杯やって、そのまま日暮れとなれば、梅田に繰り出して
ビール、ワインとご馳走を久しぶりに味わって帰りました。

縦横の春耕望む駅舎かな
梅を見に各停列車乗り換えて
官兵衛の幽閉されし城長閑
春めくや鼻歌そして口笛も

唐詩選吟じてゆけば白梅林
紅梅に天守隠るる城の堀
顔寄せて梅眺むれば枝折れて
梅見終え今は閑かな日暮れかな