DSCN1922

羅麺の伸びて此世は長閑かな
春日をサランラツプに包みたき
雲呑やこころの隅も暖かき
花終わりまたも花芽を伸ばしくる
笈摺も朱に染まる着て花遍路