8

残菊の香り広がる雨の後
霜月にいまだ沢蟹歩く道
深山に照紅葉かな有馬の湯
階段の手摺り滑りて菊の宿
湯治場は寂れてをりし鵯の声