ヤフオクで落札した虚子全集が段ボール箱に入って届いた。
お世辞にも美麗とは言えないが、全集が読めるということで期待に胸を弾ませています。
虚子の面白いのは、この人の創作活動の中で韻文よりも散文の方が多いということですね。
小説だけで、かなりの数だし、写生文、俳論等を加えると相当な分量となっている。虚子の句には、そういった物書きとしての教養が滲み出ているような気がしますね。

DSC02764