img_0

悲しさもほどよくこなれ四日かな
母死して留守居寂しやかじけ猫
諧謔を好みし母や春星忌
蕪村忌に母遺しゆく絵筆かな
日に酔うて遺影の母も日向ぼこ