今月ももうすぐ終わり。

露草の花が咲いた。

P1080460


俳句も童子や雑誌に投句する分だけを作っている感じ。
俳句は電車の中で作ることが多い。阪急神戸線の新開地から梅田まで間で20句位できる。
大阪に着いて、安物の喫茶店に入り、そこで句帖から投句葉書に写して、近くの大阪中央郵便局で投函するんだ。

母親がなくなってから半年が過ぎようとしているが、空虚な気持ちには変化はない。家族で文学や俳句等を話しても判る人間が死に絶えてしまったのでやむを得ない。祖父、祖母、叔母等はみんな文学や芸術への理解が深かったが、それらが一時に死に絶えてしまった喪失感は大きい。
友人にも俳句が判る人間はいないし、いるどころかやっていることが判ると馬鹿にされかねないような人ばかり、仕事関係などはなおさら。
生前、祖父は、芝居絵も描いていた。オークションで祖父の芝居絵が誰も買わないので、僕が安い値段で落札した。二代目中村扇雀さんの絵。母親の遺影が置いてある床の間に一緒に飾り楽しんでいる。

P1080462


大学がいよいよ卒業に向けて動き出した。昨年末は母があのような状況となり、骨折で動けず、卒業が半年延びてしまった。夏のスクーリングで3科目。8月中に履修完了すれば、卒業論文も提出を終えて、口頭試問(2名の教官が面接して論文の内容について試問を行って採点)を終えればようやく卒業。卒業しても母親もおらず、喜んでくれる人は誰もいない。歴史学部に学士入学する時、母親は面白がってくれたが、急死してしまったんだ。

色白の女形の絵軸日除して