DSC06721

先日の関西句会6月例会、句会が終えてもまだまだ西空が明るいので驚きました。

椎の花にほふ風下選びゆく
穀象の悲しき骸米びつに
黒南風や摩耶の高峰に雲抜けて
梅雨を処す旅心てふありにけり
句座果てて暮れぬ西空夏至近し