貧しさに染まりし秋の日暮れかな
ひぐらしのこゑ追いはぐる雪人忌
鳩笛の真下に聞こゆ山の家

kubikiri_006_s2
朽ちかけし地蔵の顔も秋意かな
きりがなき執筆捨てつ解夏の朝

写真は首無し地蔵祭より