img243_DSCN0883

干からびし我が臍のをや菊の宿
菊剪りし鋏しやつきり雨上がり
露の世の空分けし雲いくばくか

今度は、父の腰痛と足の激痛。
今まで元気に自活していたら、それも、無理な様子。
これから先が思いやられる。
身寄りがないので、私だけを頼りにされても困る。

ひとりぼつちになる栗一つ